風呂敷を楽しむ人集まれ〜

HOME   |   ふろしきの由来   |   ふろしき雑学   |   包むもの   |   包むもの2   |   サイトマップ   |  

クリーニング

風呂敷は生地によってクリーニングの方法が変わります。

まず絹素材の風呂敷は、強く撚りをかけた糸でできているので、水に濡れると縮みます。特に正面絹風呂敷はドライクリーニングが用いられます。
金加工や顔料を使うものと、染料だけで色付けしたものの2種類に対応します。次に綿の風呂敷は最も一般的に使われており、弁当包みから布団包みまで日常生活のあらゆる場面で役立ちます。取り扱いが簡単で家庭用の洗濯機で洗えます。

クリーニング

ただし乾燥機を使用すると、変形する恐れがあります。日陰で日干しするのが良いです。金加工や顔料による色付けのものは、水洗いやドライクリーニングが禁止されています。
洗濯しても繰り返し使うことができます。またレーヨンは水に濡れると強度が落ち、風合いが変化します。

水洗いは避けます。そしてポリエステルの風呂敷は扱いやすいです。ほとんど水を吸収しないので、家庭用の洗濯機で洗えます。縮緬でも洗濯機での丸洗いが可能です。

扱い方